Tkr Blog

ProcessingのLanguage Serverを実装した

2021/11/06 languageprocessor processing lsp vscode scala

実装したもの

シンタックスハイライト、エラー報告、補完、フォーマットができるProcessingのLanguage ServerとVSCodeの拡張機能を実装しました。 screenshot

リポジトリ

インストール

以下のリンクからインストールしてProcessing(現在4のbeta1とbeta2にしか対応していません)のパスを設定すれば使えます。設定した後に再起動すると自動でLanguage Serverがダウンロードされます。そのあともう一回くらい再起動が必要かもしれません(ここらへんは動作が不安定なので改善が必要ですね)。

作った動機

弊学科の授業では主にProcessingというJavaのような(というかほぼJava)言語が使われています。主にこの言語で課題が出されるのですが、公式のIDEが(VSCodeと比べると)とても使いにくいです(あと退屈な課題はCopilotにやらせようをするためにVSCodeを使いたい)。VSCodeで編集してコマンドラインから実行することもできるのですが、一番使われていそうなVSCodeの拡張は補完やエラー報告機能が使えず、あまり快適ではありません。公式IDEにはシンタックスハイライト、補完、定義へのジャンプ、ドキュメント表示、エラー報告、デバッガ、フォーマッタなど一通りの機能が揃っています。この機能(のとりあえず一部)を、Processingのコードから引っ張ってきてlspを喋らせるようにすればVSCodeでも快適に編集できる拡張をそこそこ簡単に実装できるのではと思い作ることになりました。

この記事のProcessingのコードについて

この記事のProcessingのコードや関数名は4.0b2のものです(GPLで配布されています)。

また、解凍したProcessingアプリケーションフォルダ内部のディレクトリ構造などはLinux版のものです。MacやWindowsでは若干異なります。Processingは $PROCESSING_PATH にインストールしてあるものとして解説します。

大まかな動作

VSCodeの拡張機能をインストールし、Processingのパスを設定すると $PROCESSING_PATH/lib/version.txt を読み、バージョン情報を取得します。そして、バージョンにあったLanguage Server本体(Scalaで書かれている)のjarファイルを自動でダウンロードします。

Language Server本体のjarは、Processing本体とProcessingが依存しているライブラリを除いたfat jarファイルです(sbt-assemblyassemblyExcludedJars を使うとよい)。Processing本体を除いたのは、Processingが getProtectionDomain を使ってProcessingのjarファイルがあるディレクトリからの相対パスで様々なファイルを読み込んでいるので、jarに含めてしまうと動かないからです。

Language ServerのjarはProcessingに同梱されているJava11($PROCESSING_PATH/java/bin/java)を使って起動します。この時classpathにfat jarから除いたProcessing本体やProcessingが依存しているライブラリのパスである $PROCESSING_PATH/lib/*.jar / $PROCESSING_PATH/core/library/*.jar / $PROCESSING_PATH/modes/java/mode/*.jar を追加します。このあたりはコマンドラインからProcessingをビルド、実行などをする公式コマンドである processing-java のシェルスクリプトを参考にしました。

Language ServerはTCP Socketで拡張機能とやり取りをします。標準入出力でもよいのですが、Processingのコードから標準出力に出力されると死ぬのでやめました。ただWindowsでファイアウォールの確認ダイアログが出てしまうので他のプロセス間通信の方法使ったほうがよい気もします(が一番マルチプラットフォーム対応が簡単そうだったのが標準出力とTCP Socketだったのでとりあえず)。

これによってProcessingさえインストールしてあれば拡張機能をインストールするだけで使えるということを実現しました。

シンタックスハイライトの実装

これはLanguage Serverには実装しておらず、VSCode拡張に実装しました。Language Serverで意味解析などをしたあとにシンタックスハイライトを上書きすることもできますが、今のところはしてないです。VSCodeのシンタックスハイライトはJSONファイルで正規表現を使って定義できます。予約語や組み込み関数を別の色にするのは、Processingでシンタックスハイライトやトークン解析に使われている keywords.txt を使って生成すると楽です。このファイルにはキーワードとキーワードの種類がタブで区切られて列挙してあるので簡単な変換スクリプトを書けばJSONを生成できます。これだけだとコメントやリテラルのハイライトができないので、そこは手書きで実装します。

ProcessingのコードリーディングとLanguage Serverの実装

エディタ機能を実現するクラスなどは processing.mode.java にあります。このパッケージにはJava Modeというおそらく一番よく使われているmodeの実装があります。あまり理解していないのですが、modeというのはProcessingの機能を使う色々な言語風のコンパイラの実装でJava Mode、Python Mode、JavaScript Modeなどが公式やサードパーティーで用意してあります。そしてmodeは processing.app.Mode 抽象クラスを継承したクラスとして実装されているので、 最初は Mode クラスとやり取りするようにすれば様々なmodeに対応したLanguage Serverを作れるのではと思ったのですが、 Mode ではビルドする、トークン解析する、JFrame のサブクラスであるエディタを返す程度の抽象化はされていても、補完やエディタ機能として使うことを想定したエラーチェック機能は抽象化されていなかったので諦めました。このような理由でJava Modeだけに対応することになったので、processing.mode.java パッケージのコードを見ればよいということです。

このパッケージには、modeの実装(JavaMode)や、それが使うコンパイラ(Compiler / JavaBuild)などがあるのですが、今回はエディタを実装するので JavaEditor を読んで、これが使っている機能をGUIに依存しない形でもってくれば実装できます。

また、Language Serverの実装にはlsp4jというライブラリを使いました。

Sketchクラス

Processingのプロジェクトを表すクラスとして processing.app.Sketch 、1つのソースコードを表すクラスとして processing.app.SketchCode があり、これを様々なメソッドから求められるのでLanguage Server内部のコード管理にもこれを使います。このクラスは基本的にGUIには依存していないので安心です(メソッドによっては特定の条件で呼ぶとモーダルを出したりするので注意が必要ですが)。 しかし、ファイルシステムをモックするようなことはできず、実際のファイルシステムに依存することになるのはきついところです。Language Serverはファイルを一意に識別する文字列としておそらくfileプロトコルであることは保証されていないURIを渡してくるので、これを使ってファイルをインメモリやtmpフォルダで管理するべきだと思うのですが、今のところはできておらず、fileプロトコルでないと動きませんがVSCodeでは動いているのでとりあえずよしとします。リフレクションとか使えばできるんですかね?(JSだったらprototype書き換えでどうとでもなりますが)

初期化

processing-java の実装である Commander を参考に Language Serverの initialize 時に Base.setCommandLine() / Platform.init() / Preferences.init() あたりを呼んで初期化します。

フォーマッタの実装

これはとても簡単で AutoFormat クラスに文字列を渡すとフォーマッタした文字列を返してくれるメソッドがあるのでそれを使うだけです。フォーマット結果をソースコード全体を置換する TextEdit として返せばよいです。

エラーチェックと補完の実装

PreprocServiceクラス

jdtを使ってコード解析などを別スレッドでしてくれるクラスです。コード解析の結果は PreprocSketch というクラスのインスタンスとして返ってきます。そしてこれらのインスタンスを補完やエラーチェックをするクラスから求められるのですが、 PreprocService のコンストラクタは JavaEditor を求めており、 JavaEditorJFrame のサブクラスです。つらいですね。しかしコードを読むと JavaEditor のインスタンスは ModeSketch のインスタンスを取得するメソッドくらいしか使われていないので、 ModeSketch を直接コンストラクタで要求する形にパッチを当てて PreprocService2 というクラスにしてしまいこれを使います。

このクラスはコードの変更を notifySketchChanged メソッドで通知し、 whenDone のコールバックで PreprocSketch のインスタンスを受け取ります。

ErrorCheckerクラスとエラー報告の実装

Processingのエラー(構文解析のエラーなど)と、Javaのエラー(型エラーなど)をProcessingのエラーに変換し、マージしたりしているクラスです。PreprocServiceJavaEditor に依存しているので、PreprocService2 に依存させたり、 JavaEditor にエラー報告している部分をコールバックでエラーを渡してくれるようにするパッチを当てて ErrorChecker2 というクラスにしてしまいます。

そしてこのクラスもコードの変更を notifySketchChanged という関数で通知します。 エラーチェックの実装はコールバックで飛んでくる processing.app.Problem 型のリストを、 lspの Diagnostic に変換して publishDiagnosticsで通知します。ちなみに publishDiagnostics のエラー報告はファイルごとなので、前回のエラー報告でエラーがあったが、エラーがなくなったファイルも空のエラー報告で更新しないとエラーが消えずに困ります。

CompletionGeneratorクラスと補完の実装

このクラスは JavaEditor に依存せずに補完を生成してくれるのでパッチを当てる必要はありません。しかしprotectedメソッドは呼ぶ必要があるのでリフレクションを使ってなんとかしましょう。CompletionGenerator クラスの使い方は JavaTextAreafetchPhrase を参考にしました。まず PreprocService が生成してくれるコード解析の結果である PreprocSketch クラスを使って、ProcessingコードをJavaにトランスパイルした後の行番号を tabOffsetToJavaLine を使って得ます。その後 JavaTextArea のstaticメソッド parsePhrase を使ってカーソルがある行のコードを CompletionGenerator が求める形に変換し、 CompletionGenerator#preparePredictions を呼んで補完候補を表すクラスである CompletionCandidate のリストを得ます。その後 CompletionGenerator のstaticメソッド filterPredictions を呼んで補完候補をさらにフィルタリングし、LSPの CompletionItem に変換して結果として返します。

CompletionItem への変換では、 label に関数のシグネチャなどがありますが、htmlなので適当なパーサーでパースした後に文字列部分だけ抽出して detail に設定しましょう。また、関数呼び出しの補完では括弧やカンマも引数の数に応じて返ってくるのでlspのスニペット構文を使って $1 などを追加し、補完を使いやすくしました。

今後

今後は安定化と、対応する括弧のハイライト機能がないなど細かい使いにくいところの改善、定義へのジャンプやドキュメント表示などの機能追加を行っていきたいです。デバッガはlspみたいなDebug Adapter Protocolというのがあるらしいので、それに対応するようなサーバーを作れたらよいのですが、大変そうなので今のところは作るか未定です。


Web Developer.
© 2021. All rights reserved.